• ホーム
  • ED治療薬に関連する併用禁忌について

ED治療薬に関連する併用禁忌について

ED治療薬は男性の勃起不全や勃起障害の症状を来すEDに対して、劇的な改善効果を得ることができる薬ですが、その一方で併用禁忌とされているものも多くあり使用するさいには注意が必要です。
もっともED治療薬において重要度の高い併用禁忌は併用薬であり心臓の働きを改善する硝酸剤や一酸化窒素供与剤と同時に服用すると重要な副作用を引き起こすことがわかっています。
これはED治療薬が経口の狭心症薬としての作用があるためで飲み合わせすることで、相互作用によって、それらの効果が強く出るためです。
特にED治療薬のバイアグラが登場した頃に死亡に至った副作用はこれら併用薬の影響によるものとされています。
一方でED治療薬は一般の食事によっても効果が影響することが知られており、特に食事では脂っこいものを食べると成分の吸収が悪くなり効果が薄まってしまうので注意です。
また服用するさいには水かお茶が適しています。
アルコールもED治療薬は影響がないとされていますが、アルコールによって薬効的に強弱が出ることがあり、このため副作用が出た場合のリスクを考えると避けるのが無難です。
ただ報告では少量のアルコールであれば精神安定効果があるためED治療薬の効果を最大限発揮させることもあります。
また飲み合わせを過度に不安に思うと心因的に効果が出にくくなる可能性があるためあまり重要に考えないことも大切です。
それに基本的にED治療薬での併用禁忌とされているのは薬であり、先に述べた硝酸剤や一酸化窒素供与剤がもっとも危険な飲み合わせで、これらは併用することで降圧作用が増強されるため低血圧や心臓に対して不具合を発生させます。
また脈のリズムを整えるアンカロン錠も併用禁忌薬です。
このほかいくつかの併用を避けるべき薬があり、網膜に影響を与えるため持病としてある人は使用が避けるようにされています。
一方でED治療薬では血管拡張の作用があるため血管拡張型の頭痛を起こす場合がありますが、このさいに頭痛薬を併用しても問題ありません。

ED治療薬の説明書にある併用禁忌薬は必ずチェック!

ED治療薬を服用する際飲み合わせや併用禁忌薬に注意する必要があります。
ED治療薬とアルコールを一緒に摂取すると効果を十分発揮することができなかったり、併用薬によっては心因的に悪い状態を引き起こしたり薬効的に効果を得ることができない場合もあるでしょう。
ED治療薬を服用するには水やぬるま湯などと一緒に摂取し、お茶やジュースなども避けておきます。
いくつか副作用もあるので注意が必要です。
特に併用する薬には注意が必要で、例えば硝酸剤はニトログリセリンに代表され狭心症の治療などに用いられる薬剤です。
飲み薬や舌下錠、吸入薬や塗り薬などのすべてが併用禁止になっています。併用すると血圧降下が起こることがあります。
抗不整脈薬は併用禁忌になっていないものもありますが、併用注意と考えられています。
併用すると心臓鼓動に異常を生じる可能性もあるでしょう。
内服の抗真菌薬は深在性真菌症などで処方されることがありますが、併用禁忌になっています。外用薬は併用しても問題ないでしょう。
ED治療薬の種類によって併用して大丈夫な薬はありますが、併用すると相互作用によってED治療薬の血中濃度がアップすることがあるので注意が必要です。
ウィルス薬においてエイズウイルス治療薬が併用禁忌となっていて、薬の種類によっては併用しても良かったり悪いものがあります。
服用する前に注意事項をよく確認し、適切な種類や量を利用するようにしましょう。
もし飲み合わせが悪く何かしら異変を感じたなら、すぐに医師に相談すると適切な処置を施してくれます。
治療薬に添付されている説明書をよく確認し、最初服用したらしばらく様子を見てみると安心して利用することができるでしょう。